本文へ移動

企業情報

代表者あいさつ

 当ホームページをご覧頂き誠にありがとうございます。当グループは1962年に広島港内のハーバータグの裸傭船業からスタートし、時流と変遷の中で、今日の曳船・起重機船・台船を主軸とした姿へと、事業拡大を遂げて参りました。今後とも海上作業を生業として、最高のサービスを提供し続けられるよう、また継続して社会に貢献できるよう、より一層の努力を重ねて参ります。何卒変わらぬご愛顧ならびにご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。
 
日興産業グループ代表 川中 健二

基本情報

沿革

1962年
川中弘信が日興産業(株)を設立
(本社:宇品御幸3丁目、資本金500万円)
1965年
資本金を1,000万円に増資
1966年
資本金を1,850万円に増資
1972年
資本金を4,000万円に増資
1985年
川中健二が代表取締役社長に就任
川中弘信が取締役会長に就任
1987年
300T吊起重機船(現『さんこう』)を購入
2002年
川中弘信が取締役会長を退任
2006年
曳船『東興丸』竣工
2009年
曳船『朋興丸』竣工
曳船『わこう』竣工
2010年
本社を宇品御幸2丁目(現在地)に移転
2014年
曳船『わこう2』竣工
2018年
曳船『日興丸』竣工

理念

船と人が活躍する会社であり続ける

行動指針

安全第一

 メンバー全員が安全に作業できる準備を確実に行い、安全に作業する。

プロフェッショナル意識

 質が高く迅速な作業の実施、お客様に満足頂けるサービスの提供を常に目指す。

互いの尊重と協力

 互いの異なる人間性を尊重し、互いに思いやりの心を持つ。
​ 私情を挟まず、チームとして最大の成果を生む行動を心掛ける。

チームワーク

 リーダー(上司・指示者)はメンバーが働きやすく、
​ 能力を発揮し、かつ成長できる職場環境づくりを心掛ける。
 メンバーはリーダーの方針を尊重し、チームとしての業務を推進させる。
 日興産業株式会社
 〒734-0015
 広島県広島市南区宇品御幸2-15-25
 TEL.082-253-7111
 FAX.082-253-6714
TOPへ戻る